〜・〜 Angelaのアクセサリー 〜・〜
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 納品作品です。 | main | ありがとうございました☆★ >>

天使の羽の小物入れ☆

ちょっぴり前のお話なのですが…
知り合いの方から、友人の結婚のお祝いのプレゼントに、天使の羽の小物入れを作って欲しいというご依頼をいただき、製作をさせていただきました。

ご依頼の内容は、私のブランド名「Angela」に因んで天使の羽をモチーフに、そして羽を人の手にみたて、手と手を取り合い、ハートを包み込むようなデザインで…というものでした。

もちろん私は主にアクセサリーを製作していますし、以前、イタリアで勉強したのも、今現在教室に通って習っているのもジュエリーの技術。小物入れというのは初挑戦でしたが、ご依頼をいただいたのがとっても嬉しくて、依頼内容の発想も素敵なもので、楽しみに製作にとりかからせていただきました。


   


ご依頼主さまの希望のデザイン(スケッチブックの左上のような感じ)をもとに話し合いを進め、最終的にデザインは、男女が手と手を取り合うところをイメージして、男性らしさが感じられる力強い羽と、女性らしさが感じられる優しさのある羽が、まるで手と手を取り合っているように見える作りにすることで決まりました。

製作については、教室の先生にいろいろと相談にのっていただき、今回は銅版を打ち出し形成した後、私が以前イタリアで勉強してきた洋彫りの技術で模様を施し、最後にメッキ加工をすることになりました。


そして、完成したのがこちらの作品です↓!!



 

小物入れといっても、鍵を入れたり、ポプリを入れたり、オブジェにしていただいたりと、お手にされた方の発想で自由にご使用いただける作りになっています。


そして、ちょっと写真ではわかりずらいかもしれないのですが、それぞれのアップ写真がこちらになります↓



      

  
        ↑ こちらは、左側の男性をイメージした方です。  


      



       ↑こちらは右側の女性をイメージした方。



      

     
そして、女性をイメージした側の羽は、そっと手を添えているように見えることを意識して製作してみました。



それから、最初の全体像のお写真ではやはりわかりずらいかもしれませんが(本当にゴメンナサイ…)
中央はくっきりとしたハートを形取ることはしないことにして、ハートっぽく見えるように彫り残すデザインにしてみました。お二人がこれから人生を共に歩まれる中で、その時々に大切にしたいもの(例えば、忘れかけていた何か大切な気持ちとか、お子さんとか…)を思い浮かべていただけたらいいな、と考えてみたのです。


いかがでしょうか…


初挑戦でしたので、わくわくしつつ、つまずくこともありましたが、何とか完成することができ、またご依頼主さまにも、お手にされた方にも喜んでいただけたので、ホッとしました。そして何より感動しましてしまいました!!!

このような作品を製作する機会をくださったご依頼主様にも、教室の先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました♪♪♪


そして…


今回の製作を通して私は気付いてしまいました。


やっぱり彫るのが好きだな、と。


それから、今までの中で一番長く続いた習い事、「書道」の世界と”線を表現する”という意味では共通点があり、とても面白い、と目覚めてしまったのです(笑)

そんな訳で最後に皆様に重大発表があります!!!



私、Angelaはさらに洋彫りの技術を身につけ、ジュエリーの知識を深めるために、イタリア再留学を決意しました!!!!!

詳細は後日お伝えさせていただきます。
作品のこと | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
counter
MOBILE
qrcode
PROFILE